アプリケーションシートでステッカーのレイアウトの崩れを防止できます

アプリケーションシートの使い方

アプリケーションシート加工をお客様でしていただく場合の加工方法をご説明します。

ご注文した商品ととアプリケーションシートが届きましたら「カス取り」と「アプリケーションシート加工」 を行ってください。
■カス取り・・・・・台紙(離型紙)から不要な部分を取り除きます
■アプリケーションシート加工・・・・・切り文字などのレイアウト崩れを防止します

まずカス取りを行います

  1. 1.範囲の広い部分を剥がす

    シートにはハーフカットが入っています。シートの端からゆっくりとシートが剥がしてください。広い範囲から剥がすと作業がしやすいです。 急いで剥がしますとシートが避けてしまったり、カス取りしてはいけない部分も一緒に剥がれてしまう可能性があります。またカス取りしたシートの粘着面が商品につかないようにご注意ください。

    アプリケーションシートの加工手順1
  2. 2.細部を剥がす

    中抜きになった部分などの細かい部分をピンセット等を使い剥がします。

    アプリケーションシートの加工手順2
  3. 3.カス取り完了

    周囲のシートも不要ですので残っている場合は剥がしてください。

    アプリケーションシートの加工手順3

カス取り後アプリケーションシート加工をします

  1. 1.アプリケーションシートの1辺を数センチのみ剥がす

    アプリケーションシートを必要なサイズ(カス取りしたデザインよりも大きめ)にカットし、1辺のみを数センチ離型紙から剥がします。

    アプリケーションシートの加工手順4
  2. 2.カス取りしたシートと貼り合わせる

    離型紙から剥がした部分をカス取りしたシートに貼り合わせます。できるだけデザインのない部分で貼り合わせてください。

    アプリケーションシートの加工手順5
  3. 3.貼り合わせた部分をスキージなどで圧着する

    貼り合わせた部分がズレないようしっかり圧着してください。

    アプリケーションシートの加工手順6
  4. 4.アプリケーションシートの離型紙をゆっくり剥がしながら貼り合わせていく

    離型紙を剥がしならがカス取りしたシートとアプリケーションシートを貼り合わせていきます。スキージを使用しながら剥がしていくと気泡が入りにくいです。

    アプリケーションシートの加工手順7
  5. 5.全体の気泡を抜く

    全体をスキージで圧着し気泡を抜きます。気泡をしっかり抜かないと施工の際に、アプリケーションシートにデザインが残ってしまう可能性があります。

    アプリケーションシートの加工手順8
  6. 6.加工完了

    以上でアプリーケションシート加工は完了です。

    アプリケーションシートの加工手順9

加工が終わったら後は施工するだけです

  1. 施工の際はアプリケーションシートごと貼り付ける

    アプリケーションシートごと離型紙から剥がし希望の位置に貼ります。しっかりとスキージにて気泡を抜き、その後アプリケーションシートだけを剥がして完成です。

    アプリケーションシートの加工手順10
ステッカーの価格・ご注文について ステッカー自動見積りはこちら ※そのままご注文頂けます
お問い合わせはこちら
営業案内
TEL 0778-51-8578
平日 9:30〜12:00/13:00〜17:00
(メールは24時間受付可能ですが、返信は営業日内となります)
株式会社システムグラフィ プライバシーマーク
個人情報保護方針

営業カレンダー

2022年 10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年 11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30